カテゴリ:パン教室( 46 )

b0181252_13345829.jpg

教師研究科の最後の実技カリキュラムの日に作った「モーニングパフ」
ふわふわでほんのり甘い菓子パン。

成型はいたって簡単で、丸めた生地をカップに入れるだけ。
上の白いのは、焼き上がったパンに粉糖とラム酒を混ぜてものを塗って再び焼いて固まった状態。
食べる時にラム酒の香りがフワッとくるのが嬉しいパン♡




b0181252_13351248.jpg

こちらは「バンベルガー・クロニケル」というドイツのバンベルガー地方で生まれたバター折り込み発酵菓子パンで、クロニケルは巻き込んであるという意味があるらしい。
クロワッサンの原型とも言われているパン。

成型方法がクロワッサンよりややこしい・・・
あたしの苦手な「締め気味に巻き込む」というやり方だったり
そんな訳で、苦手は克服できるのか!?
別のパンで成型を、もっか特訓中な今日この頃ヽ(*'-^*)。
[PR]
by sj_chi215 | 2016-06-28 15:05 | パン教室 | Comments(2)
b0181252_22283092.jpg

6月のパン教室研究科で作った「パン・ド・セグル」ルバン・レビューレタイプ。

ルバン・レビューレというイースト発酵種を先に作っておいてから本ごねをする製法で
こうする事で、パンの日持ちが良くなって風味も良くなるというもの。

粉の配合の60%以上にライ麦を使っている超ずっしりと重たいライ麦のパン。

食べ方としては、薄~くスライスして食べるのが良さそう。
カナッペ風にして絶対ワインと相性が良いやつだ(♥´д`♥)




b0181252_22284458.jpg

こちらは「エンザイマサス」というスペインの菓子パン。

まったく聞きなれない名前のパンだけど、エンザイマサスという言葉の中には豚脂という意味が含まれているらしく、フランスパン専用粉を使った少し甘めの生地には、フィリングにラードを塗って巻きこんでいる。
そして仕上げに粉糖をかけておめかしぎみに完成。

ラードを入れて焼くとカリカリになるって話だったけど、そこのところなんだか実感できず・・・あたし的には?なパンだった(* ̄- ̄)
[PR]
by sj_chi215 | 2016-06-14 23:32 | パン教室 | Comments(0)
b0181252_06033728.jpg
パン教室で作った「プレイリーブレッド」
とにかく生地の中も外も種だらけな健康パン
ケシの実・アマニ種・白ごま・黒ごま・ひまわりの種・かぼちゃの種を生地にまぶして焼成
プチプチした食感で香ばしくておいしい。  

          
b0181252_13141442.jpg
プレイリーとはミシシッピ川沿岸の大草原を意味するらしい
なんだか昔飼ってたプレイリードッグの後ろ姿に見えなくもない(´I `*)




b0181252_13143334.jpg
「大納言ロール」
生地にアーモンドクリームを塗って大納言かのこをちらして、手網づくりでの成型が楽しかった♪
味もイメージを裏切らないおいしさ♡大納言かのこの代わりにチョコチップとかにしても絶対おいしいだろうな♡






[PR]
by sj_chi215 | 2016-05-31 16:12 | パン教室 | Comments(0)
b0181252_12165311.jpg

5月の教師研究科で作った「ヘルシーグラハム」
グラハム粉に小麦胚芽に黒胡麻、ブラウンシュガーに蜂蜜といった
いかにも健康的な材料を使ったパン

かみしめるとほんのり甘くて
クリームチーズをたっぷりサンドして食べたらめっちゃ美味しかった♡



b0181252_1217833.jpg

こちらは欧風パン「ヴァレンチノ」
ヨーロッパタイプの菓子パンでバター・砂糖・卵・牛乳をたっぷりと使っていて
しっとりふわふわで美味しい

テキストの写真を見た時に、左側のパンはどうゆう成型方法なんだろう?って思った




b0181252_12234118.jpg

答えはクロワッサンの形状にした3つの生地を1つになるようにくっつけて焼いたものだった

なんでくっつけちゃたんだろうな~とか、別々のほうが食べやすいのにな~とか
フツ―な発想しか出来ない自分・・・とか思いながら(´ε`;)
3つに分解して食べたわけだけど、すごーく美味しいロールパンを食べてるみたいになってしまった(´▽`)
[PR]
by sj_chi215 | 2016-05-27 13:47 | パン教室 | Comments(0)

4月のパン教室

b0181252_18183331.jpg

4月に受講していたパン教室
すっかりアップするのをため込んでしまっていた(´I `*)

まずは「かぼちゃパン」
白生地と緑の生地を2枚重ねにしてかぼちゃペーストを包み込んでいる
そのため、分かりづらいけど・・・切り込みを入れた部分から緑の生地がちょこっと見えるのがかわいい

ヘタの部分はココアとシナモン風味の棒状にしたクッキーを、あらかじめ焼てたものを使っている
なのでなかなか実は手が込んでいるパン



b0181252_18184825.jpg

「ポンム・ド・テール」
このパンはじゃがいも入りのパンという意味で、粉に対して50%のじゃがいもを使っている
モチモチとした食感で塩気が良い感じにきいてるので、そのまま食べても美味しい食卓パン
けっこう大形で50㎝位に伸ばした生地をくるくる渦巻き状に成型して焼くというのがおもしろかった♪


   



b0181252_18174825.jpg

こちらはまた別の日に作ってきたパンで「コーヒーケーキ」
コーヒーそのものを使ってるのではなく、コーヒーと相性のいい甘い菓子パンのこと
だからフィリングには、甘いカスタードクリームを混ぜ合わせたオレンジフィリングやアーモンドフィリングをたっぷり使っている

今回このパンはオーバーナイト法という一晩冷蔵庫で発酵させた生地で作った
この製法はパン業界で良く使われだした製法で、人出不足などに対して合理化を進められるからなのだとか






b0181252_181819.jpg

「ブラウンサーブロール」
半焼き状態にした小型のパンで、焼き色を付けないように低温で焼いてある
この状態にしておくことで、食べたい時にオーブンで7~8分本焼きをすれば、焼き立て同然のパンが味わえる

数年位まえからどこのパン屋さんでも白パンて名前とかで見かけるようになったパンだけど
もともとはアメリカの田舎のパン屋さんが60~70年前にした、ある失敗からうまれたパンなのだとか
そこから大手の製粉会社がその特許権を買い取って、全米に普及することになったらしい
失敗は成功のもとということを地でゆくステキな由来をもつパンなのだった(*´m`*)
[PR]
by sj_chi215 | 2016-05-08 20:32 | パン教室 | Comments(0)
b0181252_17275980.jpg

今月のパン教室で作った「スノーボール」
別名ベルギーシュガーともいわれるベルギーで古くから親しまれている菓子パン。

生地にスノーボールシュガー(アーモンド位の大きさの砂糖の固まり)に
クリーム状にしたバターをまぶしたものをたっぷり混ぜ込んいる。

焼くと砂糖の部分が溶けだして空洞になって残るという面白いパンだったけど
なんせ砂糖がいっぱい入ってるのであたしには、ちと甘すぎるパンだった(´I `*)




b0181252_17282062.jpg

こちらは「パン・ド・カンパーニュ」
水種を使った製法なのでで風味が豊かで日持ちがするようにできている
このまま何も付けないで食べるのも好きだけど、これにハムと溶けるチーズとかのせて焼いたら~♡
って想像しただけで(♥´д`♥)
[PR]
by sj_chi215 | 2016-03-28 19:23 | パン教室 | Comments(0)
b0181252_13345591.jpg

2月のパン教室で作った「クランツクーヘン」
ヨーロッパタイプの菓子パン。
これがめちゃめちゃ美味しい!! 

バターの折り込みを三回行ってデニッシュの様なパン生地に
フィリングにオレンジピール・レモンピール・レーズン・バターなどを合わせたものを巻き込んである
折り込み用のバターとは別に、もとの生地にもバターを使っているので
あらためて配合を見直してみると、この1台でバターを185gも使ってた(*゚0゚*)

やっぱり美味しいものにはカロリーがあるわけで・・・
そうと分かっていても止められず、数日にわけて一人で完食してしまった(♥´д`♥)
薄目にカットして食べるとなんだかシュトーレンを食べてるような感覚で、でもシュトーレンより美味しい♡

折り込みパンって結構大変だけど、今回は練りパイを作る要領での製法だったのでいつもより簡単だったかな
ぜひまた家でも作ってみよう♪




b0181252_13351278.jpg

こちらは「パン・カマド」
スペインのブリオッシュとも呼ばれているパンでけっこう大きい

トッピングにメレンゲをのせて、まわりに粉糖をかけて焼き、火山に見立ててあるのだとか
こういう菓子パンで油脂にオリーブオイルを使ってるのがめずらしかったけど、ふつうに美味しいパンだった。
[PR]
by sj_chi215 | 2016-02-29 15:05 | パン教室 | Comments(0)
b0181252_1349952.jpg

2016年1月のパン教室研究科で作ったセサミレーズン

レーズンをたっぷり練り込んだ生地のまわりに全面に白ゴマを付けてけらメッシュ型に入れて焼いた健康パン

ゴマのプチプチが香ばしくて美味しい(*´m`*)




b0181252_13493227.jpg

こちらはクッキーボールという菓子パン

今までも見た目が同じようなパンは何種類か習ってきたけど、このパンはちょっとおどろきだった

トッピングにクッキー生地を絞って焼きあげているのは見て分かるのだけど、
パン生地の中にも先に焼いておいたクッキー1枚とカスタードクリームを包み込んでいる

味はまぁ想像通りな感じで普通に美味しい
けど、クッキーをわざわざ先に焼いてまで中に入れる必要があるのだろうか?って思った不思議なパンだった
[PR]
by sj_chi215 | 2016-01-30 14:45 | パン教室 | Comments(0)
b0181252_1102692.jpg

12月のパン教室研究科はまず「ナン」と「マサラ」だった。

このナン感動的に美味しかった(*´m`*)
前に自分ちで作ったものとは全く違ってた

フランスパン専用粉を使って、成型は両手でたたきながら引っ張りながら空中で三角形になるように伸ばす
なかなか難しかったけど、慣れたら簡単に出来そうな気もする。

焼く時はいつものパンを焼く鉄板ではなく、余熱した陶板の上に乗せて4~5分で焼けてしまう
これが本場の窯の側面に貼りつけて焼くスタイルに近いのだろうなって思った。
焼けたらすぐにバターの上澄みを表面に塗ってアルミで包んで保湿させるというやり方には驚きだった(*゚0゚*)

半円状にカットしてるのがマサラで、ナンの生地でカレー風味のじゃが芋のフィリングを包み込んで焼いたもので
カレーの原形ともいわれているらしい。



b0181252_1104693.jpg

こちらは「ガルショーク」ロシア語で壺焼きという意味。

カップの中に熱いスープを入れてパン生地やパイ生地でフタをしてオーブンで焼いている
これは持ち帰りが出来ないので、焼き上がりを教室で頂いてきた。

美味しくて、温っまって、おしゃれで、クリスマスパーティーに良いかもって思ってはいたけど
2015年のクリスマスは終わってしまった(´I `*)

まだまだクリスマス関連のもの全くアップできてないけど、年内中には何とかしたいと思う今日この頃。
[PR]
by sj_chi215 | 2015-12-28 01:16 | パン教室 | Comments(0)

11月のパン教室

b0181252_13425254.jpg

かな~りブログ放置状態今日この頃(´I `*)

これは先月のパン教室で作った「クレセントロール&カイザーゼンメル」

手前のクレセントロールは三日月型って意味なのに、成型が思うように出来ずに撃沈・・・

奥のカイザーゼンメルは一般的にはゼンメル型のスタンプを使って形を作るのだけど、今回は初めてのて成型

こっちはもうどうでもいいとして、クレセントロールが悔しすぎた щ(´□`)щ

家でリベンジしてやろうと思いながら、相変わらず塩パンしか作ってない(ノω・、)




b0181252_2356642.jpg

[こちらはフィンランドのパン「レイパ」

グラハム粉とライ麦粉を使用したヘルシータイプの平焼きパン。

フィンランドでは小麦が育ちにくかったからライ麦を使ったパンが多かったらしい。

二度と作る事ないかもだけど、サンドイッチにしたらハード系の食べ応えでとても美味しかった(´∀`*)
[PR]
by sj_chi215 | 2015-12-17 23:57 | パン教室 | Comments(0)

パンとお菓子作りの記録


by OMT
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30